東大阪市- 河内小阪駅前- 眼科- 白内障・硝子体日帰り手術- つじかわ眼科(東大阪市・眼科)

厚生労働省認定 先進医療実施施設

06-6748-0101

近鉄河内小阪駅 南側すぐ
大阪府東大阪市小阪本町1-4-1 河内小阪駅南商業ビル2階

院内のご案内

院内のご案内

受付

患者様に安心してご来院いただけるようスタッフ一同明るい雰囲気作りに努めております。

エレベーターあり、バリアフリー対応でご年配の方にもご来院いただきやすい院内です。

待合室1

待合室2

リラックスして待ち時間を過ごしていただけるよう明るくゆったりとした空間に配慮しております。

検査室

通常の検眼、コンタクトレンズ、眼鏡の処方用の最新検査機器を取り揃えております。

手術室

患者様に安全かつ安心して手術を受けていただけるよう心がけています。

院内のご案内

前眼部OCT(CASIA2)

前眼部OCT

非接触・非侵襲で目の表面(角膜)から内面(水晶体)までを、3次元撮影が可能で感染リスクの少ない検査装置です。

ウェーブフロント
アナライザー

ウェーブフロントアナライザー

不正乱視の検出や視力値の予測などを行うことが可能です。多焦点眼内レンズの適応診断等に使用します。

超広角走査レーザー検眼鏡

超広角走査レーザー検眼鏡

無散瞳、非接触、パノラマ合成無しで超広角(200度の眼底、網膜の80%)、超高解像度の画像が得られます。緑内障や糖尿病網膜症、その他眼底疾患の変化の記録などに有用です。

OCT(光干渉断層計)

OCT

最新のOCTアンギオグラフィーにも対応した、網膜の断層写真を撮影する機器です。網膜を三次元で確認することができ、微細な変化も捉えることができます。網膜疾患や緑内障の診断に重要です。

自動視野計

自動視野計

世界的標準機を採用し、より精密で信頼性の高い視野検査を行っております。緑内障など種々の眼疾患の診断補助や経過観察が可能です。

YAGレーザー

YAG/SLTレーザー

後発白内障の治療や、閉塞隅角緑内障の治療を行うことができます。

マルチカラーレーザー
光凝固装置

マルチカラーレーザー光凝固装置

糖尿病網膜症、網膜剥離、網膜裂孔、眼底出血、緑内障発作など様々な治療に効果を発揮します。従来のものより短時間で、痛みもほぼなく治療が可能です。

処置室顕微鏡

処置室顕微鏡

外来で行う小手術で使用します。元々白内障や硝子体手術の時に使用していたもので、十二分な性能を備えています。

光学式眼軸長測定装置

光学式眼軸長測定装置

組織侵達度が高く高速測定が可能で、測定率の向上を実現しました。CASIA2と連携することで、より正確に最適な白内障手術前の眼内レンズを決定することが可能となります。

スペキュラー
マイクロスコープ

スペキュラーマイクロスコープ

角膜の内皮細胞(角膜が透明性を保つのに必須な細胞)を撮影する機器です。白内障などの手術の際は手術前後で測定することで、内皮細胞がどのくらい変化したか把握することが可能です。

オートレフケラトメーター

オートレフケラト/トノメータ

近視・遠視・乱視の度合いや、角膜のカーブを測定する機器です。

視力計

視力計

白くてムラの無い背景とコントラストの高いチャート表示により正確な視力検査を実現し、従来の5m視力表では表示できなかった0.1以下の視力チャートが複数表示可能。

手術顕微鏡

手術顕微鏡

術野を観察するのに定評のある、Carl Zeiss社製の眼科手術顕微鏡を導入しました。白内障手術や硝子体手術などを行う際に用います。

白内障・硝子体手術装置

白内障・硝子体手術装置

白内障により濁った水晶体や出血等により混濁した硝子体を取り除く装置です。極小切開白内障手術、極小切開硝子体手術により対応した手術機械です。

オートクレーブ1

治療器具を滅菌し、清潔に保つための器械です。

オートクレーブ2

治療器具を滅菌し、清潔に保つための器械です。

© Copyright 2018 TSUJIKAWA EYE CLINIC All Rights Reserved

上へ
下へ